そのクラゲ、狂暴につき-Beautiful but ferocious-

 映画・海外ドラマ・本などのネタバレ感想などが多いブログです。ホラー好きです…【映画・ドラマ・本・DIY・ガーデニング】なんでもござれで書いてます。

【考察】韓国ドラマ『シーシュポス:TheMyth』ラスト直前!謎はすべて回収されるのか⁇

f:id:zuwaiebimi:20210403085550p:plain

Netflixで配信中の「シーシュポス:TheMyth」を第1話~第14話(現在配信済み分)まで観ました!ラストまで残すところあと2話…今回は前回考察した内容で再考察した部分と、配信済み分を再度鑑賞して気づいたり気になったりした部分について書きたいと思います!

前回同様「全然ちゃうわ~!」と思っても優しい眼差しで見ていただければと思います(;´∀`)

前回の考察はこちら

zuwaiebimi.hatenadiary.com

 

あらすじ

大企業Q&T社の会長で天才エンジニアのハン・テスルは、ある事がきっかけで精神的に不安定な状態が続いていた。ある日、たまたま乗っていた飛行機が事故に…テスルのエンジニア技術のおかげで何とか墜落を免れたが、事故原因が「バードストライク」という報道を見て疑問を抱き始める。真実を探るテスルのもとには謎のスーツケースとそれを追う謎の組織…。そして「未来から来た」という謎の女が現れる…。

主要登場人物

  • ハン・テスル・・・・・・・・両親を亡くし兄と2人兄妹…大企業Q&T社の会長で天才エンジニア
  • カン・ソヘ・・・・・・・・・「ハン・テスルを助ける」為に未来から現れた謎の女
  • エディ・キム(ソンボク)・・テスルの大学からの同級生でQ&T社の共同経営者
  • キム・ソジン(アグネス)・・精神科医でQ&T社理事長ハンヨンの娘
  • ハン・テスル・・・・・・・・テスルの兄…テスルと口論後に死亡⁇
  • ヨ・ボンソン・・・・・・・・テスルの付き人兼運転手
  • パク・ヒョンド(パク社長)・アジアマートの社長
  • ビンビン・・・・・・・・・・アジアマートの従業員
  • チェ・ジェソン(ソン)・・・中華料理店の店員で路地裏でソヘを助ける
  • カン・ドンギ・・・・・・・・警察官で正義感の強いソヘの父
  • チョン・ヒョンギ・・・・・・病気の母と2人暮らしの警察官でドンギの部下
  • ファン・ヒョンスン・・・・・取締局7課長
  • ソ・ウォンジュ(シグマ)・・Q&T社の出資者…謎の人物

*以下うすらネタバレを含みます。ご鑑賞前の方はご注意ください!

【考察1】どこの時点でループが始まった?シグマ誕生の謎…

f:id:zuwaiebimi:20210403171607j:plain

引用元:「シーシュポス:TheMyth」Netflix公式サイト

テスルがアップローダーを作る(実際はハードはソンボクが造った?)事で核戦争後の世界から人々がやって来ますが…14話まで観た中で大きな疑問があります。

第8話でシグマが戦争後の世界から過去へ戻り、競馬や株で稼いだ資金を投資(表向きはハンヨン理事長に投資させた)することでテスルにアップローダーを造らせ戦争を起こしたのがシグマだと分かります。ですが…アップローダーが無ければ戦争が起こらないはずですよね?でも資金を提供するためにはシグマがアップロードされなければいけない…。

矛盾しています…まず最初に資金提供したシグマはどこからやって来たんだ?この部分を考えていると頭が混乱してくるのですが…スルーして観るしかないのでしょうか⁇

f:id:zuwaiebimi:20210403111814p:plain

1.自己解釈(仮説)

シグマの行動を成立させる(過去に戻って資金提供させる)には、アップローダーが完成することが絶対条件です。そこで私が考えたのは…テスルの研究が普通に注目されシグマとは別の資金提供者がいて、完成したアップローダーに一番最初に乗った(実験)のがウォンジュ(シグマ)一人だけだったのでは?

第12話で幼少期のウォンジュとテスルのやり取りがありますが、その中で「タイムマシーンに一番最初に乗せてくれ」とウォンジュが言うシーンがありました。ですが、テスルとウォンジュが仲が良かったとは考えられません…何らかの理由でウォンジュがアップローダーの最初の実験体になり、過去に戻って今回の流れを作ったのではないでしょうか?そうすると「みんな殺してやる…」と幼少期のウォンジュが言っていた通りになり、テスルの未来を自分の思い通りにする(予知できたようにする)事ができたと私は考えました。

残り2話でシグマの行動歴(タイムループ歴)についてのストーリーがあるのか微妙ですが…前回の考察でスルーされるだろうと思っていた戦争を起こした人物や国(核爆弾を落とした人)が「シグマと最初のタイムトラベラーたち」と第14話ではっきりしたのでまだわかりません。一応期待してみようと思います(;´∀`)

再度視聴して気づいた裏付け(*2021年4月6日現在)

第6話と第8話のオープニングを観ていて気づいたのですが…やはり最初の未来では戦争が起こっていない世界で【過去に来たのはシグマ1人だけ】だったのではないでしょうか…。そしてテスルのアップロード開発の出資者はハンヨン理事長以外(以前)にいたのでは?上の「3人のシグマ図」の真ん中のシグマが戦争が起こっていない世界からアップロードされたとしたら…辻褄が合うのですが…。

ちなみに…第12話で幼少期のテスルとウォンジュの会話でテスルが造ろうとしているアップローダーは「過去にしか行けない…」と言っていますので、【時空移動は過去への1方向のみ】だと考えられます。

【第6話と第8話オープニング】

19年前……2001年8月6日

研究に疲れて眠るテスルに地下鉄で仕事中の兄テサンが目覚まし電話をかけてきます。8時に起こしてと頼んでいたテスルに10時に電話をしてきた為「明日出資者に会うから結果を出さなきゃいけないのに」と文句を言います…。後で会おうと電話を切った後…テスルは研究(アップローダーの開発)を続け「今度こそ頼むぞ成功してくれ…」とエスケープキーを押しました…すると「どうなってるんだ~!」と叫び研究ラボの電気が消え…そのうえ街中の電気も消えてしまいます。

同じころ地下鉄で仕事中のテサンは電気が消えた地下鉄線路内に人が(シグマが)倒れているのを見つけます。倒れている人に声を掛けながら近づくテサンはシグマの手に握られた【テスルとテサンの写真】を見つけて手に取ります…写真の裏には「ハン・テスル襲撃日…」と書かれた8つのリストが書かれていた。「なぜテスルを知っている?」とテサンがシグマを揺り起こそうとすると体が消えかかり…シグマはスーツケースを引きずってどこかへ行ってしまいました。

スーツケースを持って街を彷徨うシグマは…歩行者を線路で拾った石で殴り服と財布を盗みます。盗んだ金で借りた安宿を居場所にして株や競馬で資金をつくっていきました。

【考察2】なぜテスルを救うのがソヘなのか?

f:id:zuwaiebimi:20210403171717j:plain

引用元:「シーシュポス:TheMyth」Netflix公式サイト

テスルを救う過去の自分(実際は未来から過去へ戻った自分)をタイムパラドックスで見る事で、戦争を止めるためにソヘはアップロードされます。ですが…ループが始まった時のテスルとソヘの接点が分からないままです。なぜソヘはテスルを助けるために未来から何度も来るのでしょうか?

2.自己解釈(仮説)

ソヘがテスルを初めて助けに行く理由は単純に「戦争を止めるため」だったのでは無いでしょうか?特にテスルに対して恋愛感情も無く、戦争のせいで母を亡くした後悔を解消するための行動だったはずです。テスルを助けてアップローダーを造らせなければ戦争を止められるという事を未来(シグマが牛耳っている世界)で知り、過去へアップロードされてループの中に入ったのではと私は考えました。ある意味それも「運命の出会い」なのかもしれません…。テスルが好きだった「西の海=ソヘ」が名前なのも運命的でロマンティックですね( *´艸`)

【考察3】タイトル「シーシュポス」は誰のこと?シグマの目的は?

f:id:zuwaiebimi:20210403181800j:plain

引用元:「シーシュポス:TheMyth」Netflix公式サイト
「シーシュポスの神話」とは

神を欺いたことで、シーシュポスは神々の怒りを買ってしまい、大きな岩を山頂に押して運ぶという罰を受けた。彼は神々の言い付け通りに岩を運ぶのだが、山頂に運び終えたその瞬間に岩は転がり落ちてしまう。同じ動作を何度繰り返しても、結局は同じ結果にしかならないのだった。カミュはここで、人は皆いずれは死んで全ては水泡に帰す事を承知しているにも拘わらず、それでも生き続ける人間の姿を、そして人類全体の運命を描き出した。引用元:Wikipediaシーシュポスの神話

シーシュポスの神話 - Wikipedia

 

この作品の中でタイトルの「シーシュポス」にあたる人物は誰でしょうか?終わりの無い罰と変わらない結果…まさに過去に戻り何度ループしても結果は同じという事…。

第4話でヒョンギを助けて母の元へ連れて行ったソヘが「過去に戻って来る理由は後悔」と言います。登場人物それぞれが後悔していることを見てみると何かわかるのでしょうか?

3.自己解釈(仮説)

主要登場人物それぞれの「後悔」を見てみましょう。

  • テスル⇒株式上場パーティーでのケンカと兄の死
  • ソヘ⇒バンカーに逃げ込む時に母を助けられなかった
  • パク社長⇒お金を送る男と妻の浮気を疑い暴力を振るう自分
  • ソジン⇒テスルとの別れとシグマの陰謀に巻き込まれた父の死
  • ヒョンギ⇒母の最期を看取れなかった

上記の「後悔の理由」を見るとある事に気づきます…すべてシグマがループを発生させなければ起きなかった後悔ではないですか?となると…シーシュポスの神話のように神の怒りにより、罰を受けるようにループしているのは「シグマ」なのではないでしょうか?

「神を欺く=過去を変えること」だとするとシグマが過去を変えたことによる罰が、繰り返される時空ループ…そして過去の「シグマの後悔」何なのか⁇

すっごい凄い微妙なんですが…私の考え言っていいですか?汗

シグマの後悔は…「本当はテスルと仲良くなりたかった」という単純な理由かな…と…(;´∀`)テスルに中傷を繰り返していたことを後悔して、テスルとの仲をやり直したかったからじゃないかな~?違うかな?

幼少期のウォンジュ(シグマ)がテスルに「お前は世界を救う」と言ったことを実現してヒーローにするために戦争を起こしたのではないかと私は考えました。そして「シグマの最終目的」は…テスルが世界を救う(シグマ:自分を倒す)事なのではないでしょうか。

ラスト残り2話…ループの行方は?

残り2話でどんな展開のラストになるのか楽しみですが…私が謎に思っていることが解決しなかったらモヤモヤしちゃうのかな(;´∀`)

何はともあれハッピーエンドがいいな~。ソヘが消えちゃったとしても…ドラえもんのび太の鉄人兵団の「リルル」みたいに最後ふらっとソヘがテスルの前に現れてほしい(;´∀`)

以上、私の「シーシュポス:TheMyth」視聴考察でした!

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

最終回視聴後の考察も書きました!

zuwaiebimi.hatenadiary.com

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 
人気ブログランキング

何を観ようか迷っている方はこちらもどうぞ♪

zuwaiebimi.hatenadiary.com

プライバシーポリシー・ お問い合わせ